PICK UP CLASSES

TEACHERS

個性豊かな先生たち

  • 山縣良和

    Yamagata Yoshikazu

    【coconogacco foundation】
    Writtenafterwards デザイナー
    coconogacco 代表

    2005年セントラル・セント・マーチンズ美術大学を卒業。在学中にジョン・ガリアーノのデザインアシスタントを務める。2007年にリトゥンアフターワーズを設立。2008年より東京コレクションに参加。2014年に毎日ファッション大賞特別賞を受賞。2015年には日本人として初めてLVMHプライズのセミファイナリストにも選出された。またファッション表現の研究、学びの場として、2008年より「ここのがっこう」を主宰。「GAKU」のディレクター。

  • 菅付雅信

    MASANOBU SUGATSUKE

    【東京芸術中学】
    編集者/株式会社グーテンベルクオーケストラ代表取締役。1964年生。法政大学経済学部中退。角川書店『月刊カドカワ』、ロッキングオン『カット』、UPU『エスクァイア日本版』を経て独立。『コンポジット』『インビテーション』『エココロ』の編集長を務め、出版物の編集から、内外のクライアントのプランニングやコンサルティングを手掛ける。著書に『はじめての編集』『中身化する社会』『物欲なき世界』、最新刊に『動物と機械から離れて』がある。またアートブック出版社ユナイテッドヴァガボンズの代表も務める。『コマーシャル・フォト』で連載中。下北沢B&Bで「編集スパルタ塾」を主宰。NYADC銀賞受賞。

  • 中里 龍造

    Nakazato Ryuzo

    【世界ずっとWONDER】

    実験体/映像ディレクター/DAYDREAM THEATER オーガナイザー 

    制度の境界面に起こる摩擦に関心をもち、映画やドキュメンタリーを中心に映像制作を行う。
    主な作品に、創作あーちすと"のん"の挑戦を追いかけた『のんたれ』(YouTube2019)など。
    また、2013年より「現実のゆるぎなさをほどく視点を探求する」シューティングスター・コレクティブ、DAYDREAM THEATERを主宰。リサーチャー、映像ディレクター、編集者、ミュージシャン、ラジオディレクター、キュレーター、DJ、料理人、教育者など、様々なバックグラウンドをもつメンバーがプロジェクトごとに集まり、創造力や好奇心を刺激するロマンチックなテクノロジーの研究を行う。同コレクティブの活動を2017年国際的なカンファレンス、TEDxで発表。
    2020年には、悲しい記憶と重力をぶっ飛ばして、想像力のリミッターを解除するソロプロジェクトdracre(ドラクリ)名義での活動を開始。
    夢は「いつか異星人に出会ったとき、ケンカせずに仲良くする技術を発明する」こと。

MORE

ABOUT

クリエイティヴの原点に出会う、
「学び」の集積地

古今東西のあらゆるクリエイションは、自分自身の原点から始まっていると思います。様々な事象が急激に変化し続ける現代だからこそ、自分自身の原点を見出し、そこにじっくりと向き合う機会が必要だと感じています。
GAKUは、10代の若者たちが、クリエイティヴの原点に出会うことができる「学び」の集積地です。若者と、本物のクリエイターが出会い、ともに考え、試行錯誤しながらクリエイションへ向き合うことで見えてくる新しい自分や未知との出会い。そんな授業を通じてクリエイティヴな感性や本質的な知識、そして自己と他者の原点を理解する精神を育むことで、学生たちのこれからの人生を豊かにするだけでなく、多種多様な人々にとって生きやすい、新たな社会の土台づくりにつながることを願っています。

「GAKU」ディレクター
山縣良和(writtenafterwards)

MORE