TEACHERS

個性豊かな先生たち

  • 川勝真一

    KAWAKATSU SHINICHI

    【Town Play Studies】
    1983年生まれ。2008年京都工芸繊維大学大学院建築設計学専攻修了。2008 年に建築的領域の可能性をリサーチするプロジェクト RADを設立し、建築の展覧会キュレーション、市民参加型の改修ワークショップの企画運営、レクチャーイベントの実施、行政への都市利用提案などの実践を通じた、 建築と社会の関わり方、そして建築家の役割についてのリサーチをおこなっている。

  • 海法圭

    KAIHOH KEI

    【Town Play Studies】
    1982年生まれ。2007年東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。2010年海法圭建築設計事務所設立。人間の身の回りの環境と、人知を超えた環境や現象などとの接点をデザインすることをテーマに、壮大でヴィジョナリーな構想から住宅やプロダクトの設計まで、スケールを横断した幅広い提案を行う。

  • 上西祐理

    YURI UENISHI

    【東京芸術中学】
    デザイナー
    1987年東京都生まれ。2010年多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業、同年電通入社。ポスター、ロゴ、パッケージなど単体の仕事から、総合的なブランディングやキャンペーンなど仕事は多岐にわたる。主な受賞に東京ADC賞、世界ポスタートリエンナーレトヤマ2015銀賞、CANNES YOUNG LIONSゴールド、NYADC、D&AD、ONE SHOWなど。

MORE

ABOUT

クリエイティヴの原点に出会う、
「学び」の集積地

古今東西のあらゆるクリエイションは、自分自身の原点から始まっていると思います。様々な事象が急激に変化し続ける現代だからこそ、自分自身の原点を見出し、そこにじっくりと向き合う機会が必要だと感じています。
GAKUは、10代の若者たちが、クリエイティヴの原点に出会うことができる「学び」の集積地です。若者と、本物のクリエイターが出会い、ともに考え、試行錯誤しながらクリエイションへ向き合うことで見えてくる新しい自分や未知との出会い。そんな授業を通じてクリエイティヴな感性や本質的な知識、そして自己と他者の原点を理解する精神を育むことで、学生たちのこれからの人生を豊かにするだけでなく、多種多様な人々にとって生きやすい、新たな社会の土台づくりにつながることを願っています。

「GAKU」ディレクター
山縣良和(writtenafterwards)

MORE