申し込み終了
  • 演劇

新しい演劇のつくり方

by GAKU×山本卓卓

2021年11月21日(日)〜2022年2月20日(日)全7回 / 10代

はじめに

この授業では、演劇集団「範宙遊泳」による群像劇『うまれてないからまだしねない』の世界観をベースに、同集団代表の演出家・山本卓卓と10代が、新たな主人公たちが生きる、新たな演劇を共に作りあげていきます。受講生は、劇への出演とともに、脚本や演出、空間づくりなど、演劇制作の工程を体験していきます。

「実はここ数年の間に演劇のつくりかたが大きく変わりつつあります。つまりそれはいままで許されてきたつくりかたが通用しなくなってきつつあるということです。かつての演劇創作は、個々の犠牲のうえに成り立つ作品(全体)が許容されていました。演出家の言うことは絶対。というような権力の方向が上から下へ向かう、ピラミッド型の封建主義的な創作現場を、疑問に思う人も少なかったのです。しかし時代を経て、我々は「個」が「集団」を形成している、という当たり前の構図に遅かれながら気づくようになってきました。「集団」のために「個」が犠牲になる社会ではなく、「個」のために「集団」があるのだと。演劇という集団創作においてなぜひとつの作品ができあがるのか。それは作品があるから、演出家がいるから、ではなく「あなたがいるから」なのです。まずその前提に立ち返ることは、今日の演劇にとって新しいことなのです。」

山本卓卓(劇作家・演出家・「範宙遊泳」代表)

開催概要

対象:中高生(未経験者歓迎)
定員:6〜10名程度
受講料:無料
日時:11月21日(日)、12月5日(日)、12月19日(日)、1月9日(日)、1月23日(日)、22月6日(日)、2月20(日)の計7回/13:00〜15:30
応募申込期間:10月1日(金)〜10月15日(金)23:55予定

*応募にあたり
今回のプロジェクトは、集まったメンバーと共に演劇という集団創作に主体的に取り組んでいただきます。応募フォームの中に、「この授業で実現したいこと」などを記載する箇所がございますので、ぜひ皆さんの意気込みをお書きください。(文字数や形式は問いません。)それらの文章を参考にして定員数の受講生を最終決定する予定です。また、受講の可否については、応募の〆切から営業日3日以内にメールにてご連絡いたします。

*受講決定にあたり
受講が決定した場合には、授業開始までに、一つの演劇をこれからつくりあげるそれぞれのメンバーと事前にコミュニケーションを取るために、山本とのzoom面談を予定しています。日時の詳細は受講決定の際に調整させていただきます。

講師


©雨宮透貴

山本卓卓
劇作家・演出家。「範宙遊泳」代表。1987年山梨県生まれ。幼少期から吸収した映画・文学・音楽・美術などを芸術的素養に、加速度的に倫理観が変貌する現代情報社会をビビッドに反映した劇世界を構築する。アジア諸国や北米など9ヵ国で公演や国際共同制作、戯曲提供なども行い、活動の場を海外にも広げている。『幼女X』でBangkok Theatre Festival 2014 最優秀脚本賞と最優秀作品賞を受賞。公益財団法人セゾン文化財団フェロー。急な坂スタジオサポートアーティスト。ACC2018グランティアーティストとして、2019年9月〜2020年2月にニューヨーク留学。2020年5月に「むこう側の演劇」を始動し、オンラインをも創作の場として活動している。
http://www.hanchuyuei2017.com

プログラム

1. 脚本の設計図を組み立てる

2021年11月21日 13:00-15:30
これからともに学ぶ仲間に対して、『うまれてないからまだしねない』を見た感想を発表、自己紹介。『10代たちの、うまれてないからまだしねない(仮)』のコンセプトを共有し、どんな役をやりたいか、自分ならどう演じるか、脚本の設計図を組み立てていく。

 

2. 自分が演じる登場人物を作り込み、短い脚本に起こす

2021年12月5日 13:00-15:30
それぞれが思い描く登場人物の設定を深める。普段何を食べている? どんな喋り方? 他人との距離感は? など、キャラクター造形を作り込んでいく。登場人物の設定や心情を想像しながら台詞も自ら書き、脚本に起こしていく。

 

3. それぞれの脚本を組み合わせてひとつの作品にする

2021年12月19日 13:00-15:30
それぞれが書いた脚本を読み合わせ、ひとつの作品となるよう組み合わせてブラッシュアップする。自分の「役」が、他者の「役」と出会うことで生まれる違和感や矛盾に気づき、物語のなかで「関係性」を構築していく。

 

4. 演技について考えを深める

2022年1月9日 13:00-15:30
できあがった脚本を演じることについて考える。山本卓卓の演技論を座学として受けながら、俳優が言葉を身体的に表現する、演技のプロセスを学ぶ。

 

5. 演出について考えを深める

2022年1月23日 13:00-15:30
作品として仕上げるための「演出」という領域を学ぶ。自分の役から離れて、舞台芸術を構成する様々な要素を知り、社会おける演劇の役割や教育における演劇の可能性についても視野を広げる。

 

6. 上演に向けた稽古

2022年2月6日 13:00-15:30
これまでの知見を土台にし、上演に向けた稽古を行う。

 

7. 作品上演(短編上演&トークイベント)

2022年2月21日 13:00-15:30
10代の参加者と山本卓卓の共同制作『うまれてないからまだしねない』を上演する。アフターイベントとして、演劇と教育の可能性を探るトークを開催する。*オンライン配信も行います。詳細は決まり次第告知いたします。

お申し込み

1)申し込み
こちらのpeatixページよりご応募ください。

2)詳細のご案内
応募期間終了(営業日3日間程度)、GAKU事務局より受講の詳細をメールにてご案内致します。

お問い合わせ

GAKU事務局
info@gaku.school(担当:杉田)

授業の日程

2021.11.21 SUN 13:00~15:30 1. 脚本の設計図を組み立てる
2021.12.05 SUN 13:00~15:30 2. 自分が演じる登場人物を作り込み、短い脚本に起こす
2021.12.19 SUN 13:00~15:30 3. それぞれの脚本を組み合わせてひとつの作品にする
2022.01.09 SUN 13:00~15:30 4. 演技について考えを深める
2022.01.23 SUN 13:00~15:30 5. 演出について考えを深める
2022.02.06 SUN 13:00~15:30 6. 上演に向けた稽古
2022.02.20 SUN 13:00~15:30 7. 作品上演(短編上演&トークイベント)

クラスの様子

このクラスの様子の一部を下記「トピックス」でご紹介しています。ぜひご覧ください。

授業へのお申し込みに関して

GAKU の授業への参加をご検討下さいまして、誠にありがとうございます。お申し込みにあたりましては、参加される生徒様の保護者の方による、参加へのご同意及び下記注意事項へのご承諾が必要となります。下記ご注意事項をご承諾いただいた上で、お申込みフォーム へお進みください。

個人情報の取り扱いについて
お申し込み時にいただいた個人情報は、GAKU のプライバシーポリシーに基づき適正に管理し、 授業一連の活動に関する GAKU 及び授業主宰者からのご連絡、今後行うイベントの情報のお知らせ、その他これらの業務上必要な範囲でのみ利用致します。

※GAKU の個人情報保護方針(プライバシーポリシー)は、こちらをごらんください。
https://gaku.school/privacy/

※個人情報の訂正、削除等をご希望される場合には、下記のコンタクトフォームよりご連絡く ださい。
https://gaku.school/contact/

当日の記録写真等について
当日の記録写真及び動画、作品などは、GAKU 及び授業主宰者や開催協力・後援団体の業務 (ホームページやパンフレット等への掲載を含む)に使用させていただく場合があります。 また、授業の配信や記録動画の販売が行われる場合があります。なお、当日は、新聞やテレビ、インターネットサイトなどの取材が入り、授業の様子が報道されることがあります。氏名と顔が判別される動画像の同時掲載の際には、改めてご承諾をいただくようご連絡を致します が、ご懸念の点がありましたら、お申し込みの備考欄やコンタクフォームより、お気軽にご連絡ください。

キャンセルについて
授業のキャンセルに伴うご返金に関しては、各授業主宰者のご案内をご確認ください。
新型コロナウイルス感染症防止への対応について

1.授業参加にあたって
①施設入場時の検温と手指のアルコール消毒、施設利用時のマスク着用にご協力お願い致します。
②授業当日に 37.5℃以上の熱があった場合には、いかなる理由があっても、授業には参加出来かねますので、ご了承ください。

2.感染の疑いがある場合
①37.5℃以上の発熱が 3 日以上続いた場合、その他発熱や体調不良等が続き感染が疑われる場合、2週間以内に海外に渡航している場合、新型コロナウイルスへの感染を疑われる人との接触可能性が本人または同居家族にある場合には、当該事実の判明後、直ちにクラ ス主催者にご連絡の上、授業の参加をお控えください。
②授業中に参加者の体調不良などが確認された場合には、感染拡大防止のため、当日の活動を中止し、参加者皆様のご帰宅をお願い致します。ご了承ください。

3.感染が確認された場合
①万が一、GAKU の利用者に、新型コロナウイルス感染症が発症した場合、保健所の指示に従い、速やかな対応を行います。必要な情報提供にご協力お願い致します。 ②渋谷 PARCO の他施設内で感染者が確認された場合、授業の実施を延期する場合もござ います。その際、授業料返金は致しかねますのでご了承ください。
③万が一新型コロナウイルス感染症に感染された場合の責任は負いかねます。

承諾をした上で、申し込み手続きを進める

トピックス

  • トークイベント「教室が劇場になること、劇場が教室になること」を開催します

  • 新授業「新しい演劇のつくり方」のクラウドファンディングを開始しました

  • GAKUのクラウドファンディングについて

  • 第29回 山本卓卓(「範宙遊泳」主宰)