• SHARE

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする

2020.11.19

#自習室 / News

【GAKUの自習室】GAKU倶楽部vol.1 茶会『四角四面』

10代の方々が自主的に企画するイベントやそれぞれが取り組んでいるプロジェクトを発表する、GAKUの自習室にて新たにスタートした取り組み「GAKU倶楽部」。

 

GAKU倶楽部について

 

第一回は、茶道家の茶々門綾さんと写真家のサマンサ・サマサさんによる映像制作/茶道ユニット「東京御品書製作所」による茶会『四角四面』を開催します。

 

茶道家が入れたお茶って、飲んだことありますか?茶道ではどのようにお茶を入れるでしょうか?家で飲むお茶とは、どんな違いがあるのでしょうか?日本の伝統文化の1つである「茶道」。なんとなく想像はできるけど実際に体験したことはない、という人も多いのではないでしょうか。

 

茶道のお茶は少し敷居が高いイメージがありますが、今回は10代による、10代のためのお茶会。集まった人たちから生まれる会話や交流も楽しみながら、GAKUで気軽に茶道を体験してみませんか?

 

 

 

 

GAKU倶楽部vol.1茶会『四角四面』

日時:2020年11月26日(木)第一部17:00~/第二部18:00~

*自習室は通常通り15:00~20:00で無料開放しています

対象年齢:10 ~20代

参加費:無料

 

【11月23日追記】

コロナウィルス感染拡大を鑑みて「人数制限/事前予約」として実施することにしました。事前予約は、公式instagram(DM)もしくはメールアドレス(info@gaku.school)より、

 

・お名前

・参加人数

・参加時間(第1回17:00~/第2回18:00~)

 

をご連絡ください。

 

*当日参加も可能ですが、事前予約の方を優先とさせていただくため、当日定員に達した場合はご参加をお断りする場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

*コロナ感染拡大状況により、開催延期の可能性があります。

 

 

企画者:東京御品書製作所

 

 

茶道家の茶々門綾と写真家のサマンサ・サマサによる映像制作/茶道ユニット。2019年に開催された沖縄のアートブックイベント『BABF 2019』を皮切りに、ZINEの制作や茶会、「カレーセッション」と称したコレクティブ活動などを行なう。

東京御品書製作所 SNS

 

東京御品書製作所と茶道について

サマンサ・サマサは家族の影響、茶々門綾は学校に茶室があったことがきっかけで、2人とも幼い頃から茶道を身近に触れてきた。茶々門は、小学生の時に参加した茶道体験イベントをから特に茶道に興味を持つようになり、中高と茶道部に入部、高校卒業後は、茶道部で茶道を教えていた先生に弟子入りし、現在も茶道家として伝統文化を通じた表現を模索している。