• SHARE

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする

水曜日 16:30-18:30 (不定期開催)

# アート# ファッション# デザイン

対象年齢:10代 (他の年代で受講をご希望される方は、お問い合わせからご相談ください)

coconogacco foundation

coconogacco

先生のプロフィール

ここのがっこう

coconogacco

【coconogacco foundation】
2008年にwrittenafterwardsのデザイナーである山縣良和が立ち上げた学校です。

「ここ」とは場所を表す「ここ」であると同時に、多数の中の1人1人を表す「個々」を意味しています。ここのがっこうでは「ファッションの本質を伝え、教育・社会・文化・環境的視点を持ったコミュニケーションツールとしてファッションの役割を提案していく環境や交流の場を構築しています。

coconogacco foundationでは、山縣良和をはじめとしたcoconogaccoの講師と現役の生徒を交え、展開していきます。

授業の内容

はじめに

 

大切にしていること

 

・かんがえる 

ファッションってなんだろう?

少し、考えてみましょう。

世界には様々な人々が、それぞれの装いをしながら生活しています。可愛い服、かっこいい服、ときにトゲトゲしている服や奇抜な服まで、世界のどこかでは私たちの想像を遥かに超えるような装いをしている人々がいます。どうしていつの時代でもそのようなファッションが次々と生まれてくるのでしょうか。ファッションは知れば知るほど奥深く、装うことは人間の愛おしい営みなのです。coconogacco foundationはそんな謎多きファッションへの入り口であり、ファッション表現の下地づくり(ファンデーション)の場所です。

ーcoconogacco ファウンダー 山縣良和

 

・つくる

「つくる」、は寝たり食べたりするのと同じくらい自然な行動で、気持ち良いものです。思い出してみて!小さな子はみんな作るのダイスキ。泥は甘いケーキ、ダンボールは夢のドレスになるのですから。しかしいつしか苦手になる。隣の誰かさんより、下手だから?うまく作れないから?
私はそうでした。でも、深呼吸。私は何がすき?私はどんなこと考えてる?それを手のひらで優しく温めてみる。紙を丸めてみる。粘土を伸ばしてみる。あっ、可愛い。あ、素敵。その瞬間を大切にする。それがcoconogacco foundationでやりたい「つくる」ということ。「つくる」とは自分のことを、自分の未来をすきになることだと思うのです。

ーイエヤス カオリ

 

・発表する

人前に出たらドキドキする。頭は真っ白。手汗はビチョビチョ。怖い。でも、その前に、、、外でやる?中でやる?真っ暗?明るい?音楽はかけようか、しゃべろうか、動画にしようかな、さわってもらおうかな、どうせなら売っちゃおうかな。作品は自分の分身。服を着替えるように、自分と誰かのお気に入りになるための方法を試してみよう。

ー佐藤ケイタ/ 岩井彩映子

 

 

開催概要

日程:2021年5月~

対象:13〜18歳

定員:15名程度

料金:未定

主宰:coconogacco

 

*詳しい授業日程・募集内容は決まり次第お知らせしていきます

 

 

主宰

 

ここのがっこう
2008年にwrittenafterwardsのデザイナーである山縣良和が立ち上げた学校です。「ここ」とは場所を表す「ここ」であると同時に、多数の中の1人1人を表す「個々」を意味しています。ここのがっこうでは「ファッションの本質を伝え、教育・社会・文化・環境的視点を持ったコミュニケーションツールとしてファッションの役割を提案していく環境や交流の場を構築しています。coconogacco foundationでは、山縣良和をはじめとしたcoconogaccoの講師と現役の生徒を交え、展開していきます。

 

 

講師

 

山縣良和 

Writtenafterwards デザイナー/coconogacco 代表
2005年セントラル・セント・マーチンズ美術大学を卒業。在学中にジョン・ガリアーノのデザインアシスタントを務める。2007年にリトゥンアフターワーズを設立。2008年より東京コレクションに参加。2014年に毎日ファッション大賞特別賞を受賞。2015年には日本人として初めてLVMHプライズのセミファイナリストにも選出された。またファッション表現の研究、学びの場として、2008年より「ここのがっこう」を主宰。「GAKU」のディレクター。

 

家安香

デザインディレクター/Edelkoort East株式会社 代表取締役
関西学院大学法学部を卒業後、ブルガリジャパンで顧客マーケティング、株式会社フェリシモで商品企画とブランディングを経て、2004年よりオランダのデザインアカデミーアイントホーヘンでデザインを学ぶ。Aldo Bakker に師事し、プロダクトデザイン・エキジビジョンデザインを学ぶ。2007年卒業後、Ilse Crawfordが主宰するロンドンのインテリアデザインオフィスstudioilseでトルコでのカーペットリデザインプロジェクトを担当したのち、同年6月よりパリのトレンドユニオン本社で勤務。2008年2月よりトレンドユニオン日本支店代表に、2010年にEdelkoort East株式会社を立ち上げ、ファッションはもちろんライフスタイル、サービスなど幅広い日本企業に対してのトレンド発信やデザインコンセプト作り、ブランディングやデザインワークを行っている。2009年より山梨県のテキスタイルやジュエリーの産地ブランディングを担い、数々のプロジェクトを形にする中で、職人や企業の素晴らしい才能や技術、知識を集め、大量消費ではなく大切に使っていけるものを適正な生産で展開していけるブランド企画も手がける。

 

アシスタント:佐藤ケイタ、岩井彩映子

 

 

クラスの様子

このクラスの体験授業の様子をレポートページでご紹介しています。

ぜひご覧ください。

 

 

授業内容に関するお問い合わせ
coconogacco事務局
contact@coconogacco.com

 

 

サポーター、スポンサーを探しております。
coconogacco foundationではファッションクリエーションを育てる環境をより良い環境へと成長させて行くために、サポーター、スポンサーを探しております。世界の有数な教育機関では、教育の重要性を重んじられ、様々な企業が教育環境への支援を行っています。ご共感くださった方は、恐れ入りますが、直接contact@coconogacco.comまでご連絡頂ければ幸いです。

 

授業の日程

  • 2020.11.04 WED 16:30~18:30第1回 じぶんってなに? メイン講師:山縣義和 
  • 2020.11.04 WED 16:30~18:30第2回 ここのがっこう卒業生 アトリエ訪問
  • 2020.12.16 WED 17:00~18:30第3回 workshop 連想ゲーム=デザイン?

先生のプロフィール

ここのがっこう

coconogacco

【coconogacco foundation】
2008年にwrittenafterwardsのデザイナーである山縣良和が立ち上げた学校です。

「ここ」とは場所を表す「ここ」であると同時に、多数の中の1人1人を表す「個々」を意味しています。ここのがっこうでは「ファッションの本質を伝え、教育・社会・文化・環境的視点を持ったコミュニケーションツールとしてファッションの役割を提案していく環境や交流の場を構築しています。

coconogacco foundationでは、山縣良和をはじめとしたcoconogaccoの講師と現役の生徒を交え、展開していきます。